2017年11月16日木曜日

2017年11月16日【南伊勢リアスコースト1Dayツアー】ミステリーツアー!?で方座浦へ♪

晴天なれど風強し、の予報。
何処へ漕ぎに行こうか前日の夜まで悩んだ末に、当日の朝に決めればいいやとお客さまにも了承をいただき、ミステリーツアーさながら迎えた今朝、良し「方座浦」へ行こうと車を走らせたのでした♪


方座浦のいつもの出艇場所へ着くと、猫たちのお出迎え~。
たぶん温かいんでしょう、日向に置かれた発泡スチロールの上に固まっていました。笑


さて、漕ぎ出します。
奥まった湾である方座浦でも油断のない北西の風が吹き抜けます。


でも北寄りの風のおかげでうねりはなく、岩場の間もスーイスイ♪
風も思ったほどには吹きません。


日向と日影の体感温度がずいぶん違います。
もう完全に水温のほうが高いですね。


日向の浜でちょっと休憩。
方座浦の西の出口・音瀬ノ鼻の手前にある浜です。

対岸は定ノ鼻。
音瀬ノ鼻、定ノ鼻は共に伊勢志摩国立公園の特別保護地区になっていて、原始のままの自然が残っています。


湾口まで来ると遠く南伊勢町最大の無人島・見江島と、さらにその向こうには志摩半島の先端・御座が霞んで見えました。

御座はまるで島のように見えていますが、半島の付け根のほうが水平線の向こうに霞んでしまっているからで、近付いていくと段々と陸地がつながっていくように見えて面白いんです。


方座浦のお隣・寺倉浦の静かな浜辺でランチです♪
今日はカレーうどん。


午後は寺倉浦をゆっくりと周遊しました。
入り江の奥では青さのりの養殖をしていました。

もううっすらと緑色の青さが付き始めていますね。


午後2時過ぎ、港から一斉に船が出てきました。
これは伊勢エビ漁です。

よーいドンでスタートして網を張って伊勢エビを獲るんです。
秋の風物詩ですねえ。


風が強くなるかもと警戒していましたが、結局それほど強く吹くこともなく湾の奥へ戻ってきました。

この空、この海、この山々。
お客さんに言われて気付いたのですが、方座浦の山々はほとんど植林もされておらず、ほぼ原生林のようです。
だから透明度が高いのかなあ。


上陸してお片付け~。
サニーコーストカヤックスのベースじゃないと片付け・撤収も一手間ですが、なに、こないだの【SEA TO SUMMIT】のレンタルカヤックのお片付けに比べればなんて事はありません!笑


この秋はなかなかお天気が安定せず思ったように漕ぐことがしにくい日が多いですが、初めてのフィールドはいかがでしたでしょうか?
ご参加ありがとうございました!




2017年11月14日火曜日

2017年11月11日、12日【SEA TO SUMMIT三重紀北】無事終了しました~♪

今シーズンのファイナルステージとなった【SEA TO SUMMIT三重紀北】大会、無事に終了しました~♪


参加者181人と昨年に引き続き大盛況となりました。

サニーコーストカヤックスは今大会のレンタルカヤックの受付と、海のステージの安全管理を担当させていただきました。
11日(土)はレンタルカヤックの受け渡しと開会式です。
ちなみに上の写真のカヤックはレンタル分だけで、参加者のは別にもっとたくさんありました。


13時より開会式。
モンベルの代表・辰野会長から開会のあいさつです。


そしてその後の環境シンポジウムでは友人の植野めぐみちゃんが講演を。
地球を歩き回って絵地図を描いて、それでもやっぱり伊勢志摩・東紀州・熊野が好きっていうのが印象的でした。

僕も海ばかりじゃなくて、もっと陸の道も歩いてみたくなりました。


そして12日(日)大会当日。
昨日はずっと強い風が吹いていましたが、当日は奇跡的に穏やかに♪

清々しい秋晴れの、まさに船出に相応しい朝となりました。


出発直前、辰野会長、そして三重県の鈴木知事からあいさつがあり、最高齢と最年少参加者から選手宣誓。


いよいよスタートです!
僕は安全管理のため、殿を務めました。


この快晴!
紀伊長島港を横断する最初の難所も問題なく通過することができました。

その後、ちょっと風が強く吹く場面もありましたがみなさん頑張って11kmのコースを漕ぎ進んで行きました。


そして。
最後の方も無事にゴール!
海のステージは全員が完漕することができました♪良かった~。

この後、里のステージでは自転車を16kmほど漕ぎ、さらに山のステージでは標高599mの便石山を登ります。
いやあ、ハードなイベントですね。笑

こうして事故もなく、無事に大会を終えることができました!
ご参加いただいた選手の皆さま、本当にお疲れさまでした~。


【SEA TO SUMMIT三重紀北】の海のステージは太平洋岸唯一のコースであり、また、ほぼ外洋を漕ぐというリスクも高いコースですが、そこは東海エリアのカヤック屋さん仲間が集まってばっちりサポート。

工房船渡夢 豊島さん。
RAINBOW 中谷さん、稲垣サエミちゃん。
語らいの里・噺野 伊藤さん。
OUTISE 南平くん。
キオラパドル 山本くん。

今年は僕がまとめ役をおおせつかりましたが、このメンバーだからこそできたのだと思っています。
スタッフの皆さん、ありがとうございました!


来年もやるのかなあ。
もし開催するのであれば、またスタッフとしてお手伝いさせてもらえればと思っています。
・・・出場するのはちょっと、ね。笑


2017年11月8日水曜日

2017年11月8日【カヤック半日体験&半日レッスン】雨に煙る五ヶ所湾でのんびりツーリングとみっちりレッスン!

終日雨となった今日は、午前中は地元・南伊勢町にお住まいのご夫婦と【カヤック半日体験ツアー】、午後は常連のお客さまと平日特別開催の【半日レッスンコース】でした!


雨は降っていましたが海はべた凪。
そして水温も高いので寒いこともありません。

すいーっと漕ぎ出します。


実はこちらのご夫婦は9月にもご予約をいただいていたのですが、台風のため中止になってしまったのです。
その振り替えということでご参加くださいました!

地元にお住まいの方がこうして遊びに来てくださるのは本当にうれしいですね♪


無人の浜に上陸して、木陰で雨宿りしながら温かいコーヒーを♪
いつもお客さまにご案内している五ヶ所湾のことも、けっこう地元にお住まいでも知らないものなので話は盛り上がりましたね。


再び漕ぎ出します。
休憩後は出発も僕の補助なしでお二人だけで出来ちゃいました!


真珠養殖の作業小屋跡の廃屋。
そこに植えられた木々が紅葉し始めています。
当時の人たちの風流が伺われます。

あいにくのお天気でしたが、のんびりツーリングはいかがでしたでしょうか?
ご参加ありがとうございました!


午後は【半日レッスンコース】です。
お客さまのご要望で「牽引レスキュー」「ボートコントロール」「リカバリー」「ロール」をぎゅっと詰め込んだ講習になりました。


こちらはカウテールで牽引しているところ(僕が牽引してもらいました)。
もっと長いロープで引っ張るのも練習してもらい、どんな感じなのかを体験してもらいました。

レスキューの基本は「セーフティ」「スピーディ」「シンプル」です。
道具を使うことのリスクも含めて説明し、技術だけではなくて意識を高めることも重視しました。

この後はバウラダーとスターンドロー、ハイ&ローブレイス、最後にロール練習もしました~。
内容が濃過ぎて写真もありません。笑


自艇をご購入されてからスキルアップに余念がないお客さま、シーカヤックの技術は奥が深いのでどんどんのめり込んでいっていますね!
そろそろ濡れもの練習は楽しくない季節ですが、冬には冬にできるトレーニングもありますよ!
まだまだ海で遊びましょうね~♪






2017年11月7日火曜日

2017年11月7日【カヤック半日体験ツアー】SEA TO SUMMITに参加されるお二人が練習に来てくださいました!

本日のお客さまは今週末11月11日、12日に開催されます【SEA TO SUMMIT三重紀北】大会に出場するということで、ぺアを組む方とお二人でトレーニングに来てくださいました~♪


【半日体験ツアー】でのご予約ですが、トレーニング目的なので【半日レッスン】のつもりで陸上講習からみっちりやりました!
本番では二人乗りカヤックを使用するのですが、練習なので一人乗りカヤックをお貸しします。


フォワードストローク(前漕ぎ)、スイープストローク(曲げ漕ぎ)などの基本ストロークをしっかり練習していきます。

漕ぎ出すと青空も覗いてきました!
実は先月もご予約をいただいていたのですが、台風で中止になってしまったので今日の好天は本当にうれしかったですね♪


カヤックはなかなか思うように真っすぐ進まないものです。
それを方向修正する時に必須となるのがスイープストローク(曲げ漕ぎ)です。

コツは「大きく、ゆっくり、後ろまでしっかり漕ぐ」こと。
自分のカヤックのお尻のほうがバチャバチャと水音を立てるのを聞き分けられるように意識してみるといいかもしれません。


みっちり練習して無人の浜で上陸してコーヒーブレイク。
後半はのんびりツーリングです♪


いつもの静かな入り江へ。
冗談みたいに穏やかで、ぜんぜん海らしさがありません。笑

やっと台風後の濁りもとれてきて、魚もたくさん見ることができました。


マングローブと松と桜と。
こんなのんびりなカヤック、いいねえ、とお客さま。

今週末は大会なのでせわしないカヤックツーリングになりそうですが(笑)、こういう楽しみ方もあるんですよ!


帰えるころにはカヤックの操船にもかなり慣れてきた様子のお二人。
【SEA TO SUMMIT三重紀北】大会でも頑張ってくださいね!
そしてこれをきっかけにシーカヤックに興味を持ってもらえるといいですね♪

ご参加ありがとうございました!



2017年11月6日月曜日

2017年11月3日、4日、5日【エビエビ!キャンプツアー3Days】南伊勢リアスコースト満喫ツーリングでした!

この三連休は【エビエビ!キャンプツアー3Days】を開催!
南伊勢リアスコーストをたっぷり満喫したキャンプツーリングとなりました~♪


今回はお客さまお一人でなんと貸切状態!笑
【エビエビ!ツアー】皆勤賞の神奈川からお越しの常連のお客さまです。


さあ漕ぎ出します!
コースは五ヶ所湾から古和浦へ。

二泊三日の装備、食料、お酒を積み込んだカヤックは重そうですねえ。笑


田曽浦から外洋へ。
すこしうねりがありましたがそこは経験豊富なお客さまなので心配無用~。

このくらいならむしろ漕ぎやすいねと話ながら漕ぎ進んでいきました。


3時過ぎ、今夜のキャンプ地まで来ました。
油断のならない波が打ち寄せていたので慎重に上陸します。

シーカヤックで怪我をするのは上陸時なので、特に注意が必要ですね。


無事に上陸~♪
秋の日のつるべ落とし、早いとこ荷物を解いてキャンプの支度をします。


焚き火も熾ったら乾杯♪
オードブルはバーニャカウダとホットサルサのディップです~。


そして・・・。
伊勢エビ登場!!

今年は大物でした♪


まずはお刺身で新鮮な伊勢エビを堪能します。
この歯ごたえ、この香り、この味。
毎年のことながら堪りませんね~♪

もう一尾は茹でて食べました。


食べ終わったら殻を炒ってトマトピューレを加えて味を調え、


恒例の伊勢エビパスタです!!
食レポになりませんが、とにかく美味しくてゴメンなさい。笑

こうして秋の夜長を伊勢エビと焚き火で楽しんだのでした。


翌朝。
雲があったおかげで放射冷却してなくて、寒くなく快適です。

朝食はバゲットとソーセージエッグ♪


初日のキャンプ地はこんな感じでした。
五ヶ所湾と贄浦湾の間にある塩竃浜(しゅうがはま)。

外洋に面しているのでいつでもホイホイ上陸できる浜ではありません。


出発前にお散歩。
ここ塩竃浜にも座佐の浜のような海跡湖があります。

そして登山道もあるので、実はキャンプをしたグループが他に二組、さらに夜釣りをしていた親子(たぶん)まで来ていて、人跡稀な浜に上陸したはずなのに、なんだか賑やかな雰囲気でした。笑


二日目、出発です。
昨日よりは落ち着いていましたが、波のリズムを見てタイミングよく漕ぎ出します。


漕ぎ出してしまうと青空も気持ちよく、快適ツーリング日和でした♪


贄浦湾に到着。
寄り道しながら湾の奥に行ってから横断し始めたのですが、ここで北寄りの風にびゅうと吹かれました。

不用意に湾を横断してはいけないなあとあらためて感じる出来事でしたね。


南伊勢リアスコーストで一番大きな無人島・見江島。
ここの大洞窟に寄り道しました。

うねりも低く、風も無く、洞内でくつろげるほど穏やかでした~。


外から中を撮影。
けっこう奥まで深いですね。

こんなところまで漕いで来れるのも、経験を重ねたカヤッカーの特権です!


見江島から狭い水路を通り抜けていきます。
この水路の入口は遠目にはわからないんですよねえ。

地元ガイドならではの秘密のコースです♪


その水路を抜けた先にある浜に上陸してランチです。
メニューはラーメン♪

具だくさんで身体も暖まりました~。


ところが。
お昼ご飯を食べている間に風が吹き出し、しばらく様子を見ることにしました。
風が冷たいのでお散歩へ。

浜の裏側は入り組んだ入り江とつながっていて、ちょっと知床っぽいです。


たっぷり一時間ほど風待ちをして、漕ぎ出してみました。
海に出てしまうと風も波もそれほど大したこともなく、ペースはゆっくりでしたが漕ぎ進むことはできました。


奈屋浦、神前浦を横断して弁天島のすぐ対岸にある浜に到着です。
振り返ってみると風も落ちたようでした。


ここは流木も豊富で、薪拾いをしないでも座ったまま手を伸ばせば手頃な流木がある、という状態。
乾杯して、地物のシイラの干物を焼きいて酒のあてにします。

「山金商店」さんは旦那さんも良く知っていますが、酒のおつまみに最適な味付けでした!笑


今宵のメインは秋の定番・鍋です!
お野菜もお肉もたっぷりで、〆はうどん。


今夜は晴れ渡り、満月が対岸から登ってきて海面を照らします。
酔っぱらって、コンパクトデジカメで、頑張って撮影。

たっぷり漕いで、まったり過ごして。
南伊勢リアスコーストには快適なキャンプ地がたくさんありますね!


三日目の朝。
朝日が見江島のほうから登って来ました。

いよいよ最終日です!


朝ごはんを済ませ、準備をしていると、あれれ?風が・・・。


またまた北寄りの風が強く吹き始めてしまいました。
無理はしないで様子見します。

お散歩がてら、歩いて岬の向こう側をのぞきにいってみました。
と、向こう側はもっとひどいことになっています。


どうやら漕ぎ進んで古和浦を目指すのは危険と判断し、神前浦に避難上陸することにしました。

それでもまだ漕ぎ出すにはひどい風が吹いていたので、浜の奥にあるお社へお参りへ。
「飛島神社」と書かれたお社はきれいに手入れされていました。
安航を祈念させていただきました。


この浜にも海跡湖があります。
地形図にも名前は記載されていませんが、地元の人たちには呼び名があるのでしょうか。

水鳥たちの天国になっていました。


そして最後の船出です。
待ったかいもあり、だいぶ風は落ち着いたようです。


そろそろと岸寄りを漕ぎ進み、さっきお散歩して覗き見てきた岬を回り込みます。

が、岬を超えたとたんにカヤックの進行をぴたりと止めるような風と波!
それでもなんとかじりじりとパドルを駆使し、岬を回り込むことができました~。


ほっと一息ついて上陸します。
たった10分たらずでしたが体力的にも精神的にも疲れましたね~。


気を取り直して再び漕ぎ出します。
もう神前浦の港は目と鼻の先です。


そして、港の端っこの小さな浜に無事到着!
いやあ、ホントにお疲れさまでした。


車を回収してきて浜から撤収し、お昼ご飯は神前浦にあるラーメン屋「ありすえ」さんへ。


名物「カレーチャーハン」と、


南伊勢の海の幸がたっぷり入った「鯛ラーメン」でキャンプツアーを締めくくりました~。
鯛と青さのりとアッパ貝がトッピングされた魚介系さっぱりスープのラーメンで、〆のご飯までついてくるのです。


お腹も満たされ、五ヶ所浦に戻って片付けをして、解散となりました。
五ヶ所湾から古和浦まで完漕することはできませんでしたが、寄り道やお散歩、そして海跡湖の浜でのキャンプをたっぷり楽しむことができましたね。

参加者が少なくちょっとさみしかったですが、ご参加いただきましてありがとうございました!
また来年も【エビエビツアー】に来てくださいね~。


今回はあえて僕もキャンプしたことのない浜で泊る、というテーマを持っていたのですが、それは達成することができました。
まだまだ【南伊勢リアスコースト】をすべて知り尽くしてはいないなあとあらためて知り、もっともっと漕がなきゃいけないと初心に帰る思いです。
これからも1Dayツアーやキャンプツアーを計画していきますので、シーカヤックの経験を重ねて外洋パドリングにチャレンジしに来てください!!